男性の陰毛の処理の方法まとめ

男性の陰毛処理の方法「ハサミでカット」

男性が陰毛を処理するときに安全で簡単な方法としては、ハサミでカットをするというものがあります。
直接肌には物を触れないので、気をつけていさえいれば怪我をしてしまうということがありませんから、一番手軽で処理をしやすい方法だといえます。

長さを自由に調節をすることができますから、気になる部分だけをカットするということも思いのままです。

欠点としてはなれないうちは上手にカットするのが難しいということで、長さが揃わなかったり不自然な感じになってしまうということがあるので余計に変になってしまうということがあるということです。
更に生え際などを処理したいときには、ハサミだと根本から切るのは難しいので生え際の処理が難しいという欠点もあります。

しかし、全体的に毛の量を減らしたいというのであればすぐにでもできる方法となっているので、まずはハサミでカットをするところから試してみてだめだったら他の方法を試してみるというのも良いでしょう。

男性の陰毛処理の方法「剃刀・シェーバーで剃る」

剃刀やシェーバーで剃るという方法もあり、この方法はハサミよりも仕上がりが綺麗というメリットがあります。

特に生え際などが気になるというときには、その部分だけを綺麗にすることができるので全体よりも一部の陰毛が気になっているというときには最適な方法となります。

問題としては、ハサミを使うよりも危険性が高いということで特に剃刀の場合には、注意をしていても大事な部分を切ってしまうおそれがあるので慎重に作業をする必要があります。
肌を傷めやすいという欠点もあり、上手に処理をすることができたとしても剃刀負けをしてしまうという可能性があるので肌が弱い人などにとってはあまり向かない方法です。

それに加えて全体的に処理をしたいとなった場合には、長さを調節することが難しいのでつるつるの状態になってしまうので、陰毛の量が多くて恥ずかしいというところからその逆に、量が少なくて恥ずかしいという状態になってしまいやすい欠点もあります。

男性の陰毛処理の方法「脱毛・除毛クリーム」

脱毛・除毛クリームで陰毛を溶かしてしまうと言う方法もあるのですが、多くの場合にはデリケートゾーンの使用には対応していないのでトラブルなどが起きても自己責任ということになってしまいます。
陰毛が生えている場所は男性にとっても非常にデリケートな部分だけに、脱毛・除毛クリームのような薬剤を使用する場合には負担が大きすぎるという欠点があります。

しかし、自己責任という前提の元使用をするのであれば利点も少なくなく、刃物を使わないということはデリケートな場所を物理的に傷つけてしまう心配がないという安心感があります。

薬剤が合わなくて肌がかぶれてしまったりする可能性はありますが、剃刀などを使うわけではありませんから不注意によって大怪我をしてしまうという心配がないのは大きな魅力の一つとなっています。
処理をしにくい部分だけに、薬剤を塗るだけで処理することができる脱毛・除毛クリームはリスクもありますが、利点もある方法となります。

男性の陰毛処理の方法「ワックス脱毛」

ワックス脱毛は仕上がりは綺麗になりやすいものの、痛みが強いという欠点があります。
逆に言えば痛みに耐えることができるのであれば、剃刀などの刃物を使うよりもずっと安全に処理をすることができますから、便利な方法です。

ワックス脱毛というのは粘着性のあるワックスを塗布してそれを剥がすときに陰毛も一緒に引き抜いてしまうという方法であるため、綺麗に抜ける代わりに痛みも強いものとなっているのです。
物理的に切ってしまうということはありませんが、無理矢理引き抜く形になるので肌トラブルが起きることもないわけではありません。

塗布する面を調整することで処理したい部分を選ぶことができるので、自由度が高く失敗をしても再び生えてきますからそこまで失敗を恐れる必要はありません。
しかし、上手く言ってもしばらくすれば陰毛は生えてくることになるので、その都度脱毛をしなければならないという欠点があります。

痛みを我慢できたり、あまり痛いと感じない人にとっては利点の多い方法となります。

男性の陰毛処理の方法「サロン・クリニックでの脱毛」

安全にそしてきれいに処理をしたいというときには、サロン・クリニックでの脱毛をしてしまうのが一番いい方法となります。

毛根とその周りの細胞を破壊することで一度処理をしてしまえば、再度陰毛が生えてくるということもなくなるので脱毛を受けてから陰毛のことで悩む必要はありません。
生えてこなくなってしまうというのはメリットにもなりますが、デメリットにもなり脱毛をし過ぎたらどうしようと不安に思う人もいることでしょうが、サロン・クリニックでの脱毛は完全にツルツルにしてしまうのではなく、毛の量を減らすという脱毛をすることもできるので陰毛の適度な間引きも可能であるため、脱毛の死すぎを心配する必要はありません。

欠点としては多少お金がかかることと陰毛の脱毛は比較的痛みが強いこと、そして処理を他人に任せるというものがあります。
大事な部分を人に見られてしまうというのは、男性であっても恥ずかしいと感じる人がいるので人によってはこれが大きなデメリットとも言えます。

陰毛の脱毛料金や回数ごとの効果は以下のサイトにわかりやすくまとまっています。
メンズ脱毛サロン完全解説!選び方と料金が安いおすすめランキング | メンズ脱毛ガイドくん

陰毛薄くする男|サロンで受けることのできるVIO脱毛と呼ばれているものは…。

フラッシュ脱毛に関しては、永久に毛が生えなくなる永久脱毛とは異なるので、一生生えてこない永久脱毛じゃなければお金を払う意味がない!というのであれば、フラッシュ脱毛をやって貰っても、希望を現実化するのは不可能だと言えます。住居エリアにいいサロンが見つけられないという人や、知人に見つかるのを避けたい人、時間もないし先立つものもない人もいると思います。そういう人に、自宅で誰にも見られずにできる家庭用脱毛器が愛用されているわけです。サロン次第では、カウンセリング当日に施術してもらえるところもあるのです。各脱毛サロンにおいて、採用している機器が異なるものであるため、同じように見えるワキ脱毛でも、少しばかりの違いがあると言うことは否定できません。バスルームでムダ毛のケアをしている方が、大勢いらっしゃると想定されますが、実のところそれをしてしまうと、大切な肌をガードする役目の角質までも、ごっそり削り取ることをご存知でしたか?ドラッグストアに陳列されている値段が安いものは、そんなにおすすめしたくないですが、ウェブ上で評価を得ている脱毛クリームだったら、美容成分が添加されているものも見られますので、おすすめしたいと思っています。脱毛クリームは、毛を溶解するのにアルカリ性の成分を用いているので、闇雲に使用するのはやめた方が賢明です。更に言うなら、脱毛クリームを用いての除毛は、どういう状況であっても急場の処理ということになります。脇の毛を剃毛した跡が青髭みたいになったり、鳥肌みたいにブツブツしたりして苦労していた人が、脱毛サロンでやって貰うようになってから、それらが消えたといった事例が幾らでもあるのです。サロンで受けることのできるVIO脱毛と呼ばれているものは、大概フラッシュ脱毛方法にて実施されていると聞きます。このやり方というのは、肌が受ける損傷が少ないと言う特長があり、ほとんど痛みがないというわけで流行っています。驚くことに100円で、無制限でワキ脱毛できる素晴らしいプランも出ました!500円以下でできる破格のキャンペーンだけを取り上げました。低価格競争が勢いを増している今が絶好のチャンスです!ネットを使って脱毛エステという文言を調査すると、実に数多くのサロンが表示されるでしょう。宣伝などでしばしば見かける、馴染み深い名称の脱毛サロンの店舗も数多くあります。家庭用脱毛器をコストと成果のバランスで選定する場合は、本体の金額のみで決めることはしないでください。本体を購入した時に付属されるカートリッジで、何度使用することができる設定なのかを比較検討することも大きな意味があります。脱毛クリームは、刺激はあまりなくお肌への負担が小さいものが過半数を占めます。今どきは、保湿成分が混入されたものも商品化されており、カミソリ等を使うよりは、お肌に掛かることになる負担が抑えられます。自宅でムダ毛をなくそうとすると、肌を傷めて肌荒れとか黒ずみが引き起こされることがあるので、今では低価格になったエステサロンを何回か訪れるだけで完結できる全身脱毛で、誰にでも堂々と見せられるお肌をゲットしていただきたいと思います。脱毛するのが生まれて初めてだとおっしゃる方に一番おすすめなのが、月額制コースの用意があるユーザーに優しい全身脱毛サロンです。脱毛終了前にいつでも解約可能、残金が生じることがない、金利手数料の支払いといった責務がないなどの売りがあるので、気軽に契約できます。脱毛サロンにおいては、脱毛に入る前にカウンセリング時間を取ると思いますが、話している時のスタッフのやり取りがしっくりこない脱毛サロンだとしたら、技術力もイマイチという傾向が見られるようです。